カウンセリングで改善|心療内科でしっかり治療を受けよう

最新記事一覧

今だけでなく今後も考える

カウンセリング

悩みやストレスが原因で心身に不調を感じたら心療内科が適しています。心と身体や環境を総合的に捉え診てくれるからです。家族や友人と話すと気が晴れます。カウンセリングも話す事で楽になります。そして悩みに自発的に向き合い今後の悩みにも主体的に対応出来るようになります。病院は心強い味方です。

» 詳細

心理的療法とは

病院

心療内科のカウンセリングは、通常プロのスタッフが対応します。病気以外のストレスに関する問題を多く扱うのが最近の心療内科の特徴です。カウンセリングは家族で受けることが可能で、問題の解決はもちろんのこと関係の修復も望めます。

» 詳細

まずは病院選び

看護師

心療内科は、最近非常におしゃれな待合室になっていたり、リラックスできるような雰囲気だったりと工夫されています。なので、抵抗なく通えることができます。カウンセリングをじっくりしてくれる心療内科も多いです。

» 詳細

心の病気

木

心の不調を感じたら

熱が出る、身体に発疹が出る、骨が折れたなどといった症状が出ていれば、体調を崩していることが、周囲の人にもはっきりとわかります。患者自身も、自分が病気にかかったり怪我を負ったりしていることを自覚しやすいですから、早めに病院を受診して治療を受けることができます。しかし、心の状態が不調になっている場合は事情が変わってきます。あくまでも心の中で起こっている不調ですから、周囲の人が気づきにくくなっています。また、患者本人が心の不調を第三者に訴えたとしても、その不調がどの程度のものであるかを、目で見て確認することができません。そのため、病院で治療を受けるタイミングを逸してしまい、深刻な精神疾患になってしまうケースがしばしばあります。そのような状態に陥ってしまいたくないのであれば、自分の心の状態に違和感を感じている人は、なるべく早めに精神科や心療内科を受診してみるのが望ましいです。精神科に対してあまりよくないイメージを持っている人が多いですが、心療内科であれば比較的気軽に受診してみることができるはずです。自分では病院にかかるほどの状態なのかどうかを判断することができない場合が多いですが、まだ病気になっていない段階で早めに病院を受診することで、重い精神疾患になることを予防することができるようになります。心療内科では薬物を用いた治療の他に、カウンセリングなどの心理療法も行っていますので、心の不調を感じている人はなるべく早いうちに心療内科に行ってみるようにした方がよいです。

治療方法

現代社会は様々な種類のストレスで溢れかえっていますので、心の病にかかってしまうケースが決して珍しいことではなくなってきています。「心」という器官が体の中に存在しているわけではありませんから、どこからが病気でどこまでが病気でないのかを判断するのがとても難しくなっています。しかし、心療内科等を受診すれば、まず詳細な問診がなされますので、病気の種類や状態をかなり正確に診断してもらうことができます。また、最近では、心の病を脳の機能不全と捉える考え方が一般的になっているため、脳の反応を数値化することで心の病を診断するという方法も開発されています。先程も述べたように、薬物療法やカウンセリングが行われるケースが多いですが、薬物療法だけ、もしくはカウンセリングだけといった形で治療が行われるケースはあまり多くありません。実際には、まず薬物療法で脳の機能不全の改善を図り、その一方でカウンセリングを実施して、その病気を引き起こしている原因を探るという方法が取られることが多いです。現実的なことを考えると、薬物療法による治療効果を高めるために、補助的療法としてカウンセリングが利用されるケースが一般的になっています。一昔前までは、頭蓋骨に穴を開けて、脳に直接的な刺激を加える治療を行う医療機関がありました。しかし、現在、そのような方法で治療を行っている医療機関はほとんどなくなっています。今は、磁気や電気の力を利用して、開頭手術を行わずに脳に刺激を与えられるようになっています。薬物療法よりも副作用が少なく、治療効果が早く現れるというメリットがあるため、磁気や電気を用いた治療を選ぶ人が少しずつ増えてきています。